気になる話題を丁寧に掘り下げ必ず詳しくなれるブログ

トレンドの箱

知っておきたいニュース

ベビーカー事故【東京メトロ九段下駅】から私たちが考えるべきこと

更新日:

列車の扉にベビーカーを挟んだまま発車

東京メトロ九段下駅でベビーカーの事故がおこりました。

事故当時の様子

トラブルは4月4日午後3時頃に発生。

母親と子供が先に電車の6両目に乗車し、父親が後からベビーカーを押して列車に乗ろうとしたところ、閉まったドアに左前の車輪の脚の部分が挟まってしまいました。

発車直後に車内とホームの両方でで非常ボタンが押され、ベルが鳴り響きました。

20歳代の女性車掌は停車することなく電車はベビーカーを挟んだまま走行し、神保町まで走行しました。

ベビーカーはホーム端の柵にぶつかり大破。

ベビーカーには子どもは乗っていなかったためけが人はありませんでした。

なぜ停車しなかったか

非常ベルがなった場合緊急停車させなければならないことになっていますが、車掌は停止させず、電車は約1分後に次の神保町駅に到着しました。

どうして停車しなかったのか、

女性車掌は「停車させることをためらった。ベビーカーに気付かず、車外確認も不十分だった」と説明しているとのことです。

この方は入社2年目で、単独での車掌業務は19日目だったそうで、まだ車掌としての経験が浅く判断ミスをしてしまったのだろうと思います。

東京メトロの列車はドアに15ミリほどの物が挟まると、センサーが感知して発車できない仕組みになっています。

出典:Yahoo!ニュース

出典:Yahoo!ニュース

しかし挟まったのが左前輪のつなぎ目のパイプ部分で15ミリよりも細かったため、感知しなかったということなのです。

車掌は最後尾の車両に乗っていました。

スポンサードリンク

通常、車掌はドアに物などが挟まっていないか、モニターを使用したり目視などで安全確認をした上で出発する決まりになっています。

今回トラブルが起きた6両目というのは、車掌が目視で安全確認すべき範囲でした。

しかし安全確認をせずに発車してしまい、100メートルほど走行してから車内の母親が非常ベルをならし、さらに50メートル走行後ホームから非常ベルがおされました。

 

二回の非常ベル非対応しなかった理由を

「(最後尾からホームの安全を確認する)出発監視作業を優先してしまった」
「非常停止の操作をためらってしまった」

と釈明しています。

センサーが感知しないのだからなにかが挟まっているわけがないという過信によるものだったのかもしれません。

今後事故を起こさないために

自分の目で安全確認することがいかに大切か、今回の事故で列車に関わる仕事をしている多くの人が実感されたと思います。

ベビーカーを押していた父親を非難するコメントをいくつか見ましたが、今回の事故の論点は違うと思うのです。

非難の内容は、

「駆け込み乗車だったのではないか」

「子どもがのっていないベビーカーならなぜ畳まないのか」

といったものです。

東京メトロは「駆け込み乗車ではなかった」と回答していましたが、ネット上では事実を知らない外野による「ベビーカーを挟まれた家族叩き」が起きていました。

 

いつどの場面でも、駆け込み乗車はしないようにとのアナウンスはあります。

駆け込み乗車はするべきではないです。

しかし、実際に乗り込んでいる人がいれば車掌は発車させるべきではないのも明らかです。

そして、安全を確認して扉に何も挟まっていないことを確認してから発車するべきなのは間違いないのです。

乗客の安全を確認するべきところでしなかったこと。

さらには緊急停車を求めるベルがなっているという状況に対する対応が誤っていたこと。

 

鉄道会社は今後、列車に関わるすべての人が発車前には自らの目で安全確認をすることや、単独で車掌として乗車するまでもう少し念入りな実地の研修をすることが必要なのではないかと思います。

子どもがのったベビーカーが同じ事故に遭遇する前に。。。

 

 

スポンサードリンク

-知っておきたいニュース

Copyright© トレンドの箱 , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.