気になる話題を丁寧に掘り下げ必ず詳しくなれるブログ

トレンドの箱

テレビ・芸能・本 ・トレンド

高畑充希さん2016朝ドラ『とと姉ちゃん』あらすじ&キャスト~昭和を生き抜く三姉妹の年代記

投稿日:

高畑充希さん初主演 NHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』

2016年4月4日から新しい朝の連続テレビ小説『とと姉ちゃん』がはじまります。

第94シリーズであるこの作品。主演は最近活躍が注目されている高畑充希さんです。

images (10)

出典:NHK

あらすじ

静岡県に生まれた、小橋常子(こはし つねこ)は、亡き父にかわり、母や妹たちを守り暮らしていた。

とと(お父さん)の代わりに家族を守る常子は『とと姉ちゃん』と呼ばれていた。

『とと姉ちゃん』を含む三姉妹が激動の戦前戦後の昭和をたくましく生き抜く姿や、彼女らが東京で女性誌を作る出版社を立ちあげ、「魂のパートナー」となる天才編集者である花山伊佐次(はなやま いさじ)と出会い、後に一世を風靡する雑誌『あなたの暮し』を刊行する軌跡を描いたストーリー。

戦後の女性の活躍にスポットが当てられており、勇気をもらえるストーリー。

舞台は静岡と、東京。

暮しの手帖がモデルに

『とと姉ちゃん』は、暮しの手帖社の創業者である大橋鎭子さんと花森安治さんの実際の雑誌出版の軌跡をモデルにしたフィクションドラマです。

『暮しの手帖』は1948年から今まで、多くのひとに読まれている雑誌です。

大橋鎭子さんは1969年から長年にわたってエッセイ『すてきなあなたに』を暮しの手帖で連載しており、そのエッセイにより1994年「戦後の一般の人の暮しを豊かにした」として第10回東京都文化賞を受賞するという、功績を残しました。

女性として輝いた生き方、その言葉は多くのひとに勇気や元気を与えてきました。

【ポケット版】「暮しの手帖」とわたし (NHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』モチーフ 大橋鎭子の本)

新品価格
¥972から
(2016/3/27 01:29時点)

大橋さんが亡きあとも編集長はかわり、暮しの手帖は作られています。

高畑充希さんの活躍

最近テレビで見ない日はない、高畑充希さん。CM女王、なんて言われています。

彼女の名前を知ったのは朝ドラ「ごちそうさん」だった、という人も多いと思います。

「ごちそうさん」では高い演技力が評価され、徐々にテレビで見る日も多くなりました。

高畑充希さんは、小さい頃からオペラやミュージカルが好きで、舞台を鑑賞したり音楽を聴きながら育ってきたようです。

彼女の歌唱力の高さが話題にもなっています。

小学校から中学校にかけて、芸能事務所や舞台のオーディションを十数回受けて、落ちているという過去があります。

スポンサードリンク

小さい頃から歌や舞台に関わる仕事をしたいという夢があったそうです。

しかし現実的な面もあり、受からなかった場合の進学先も考えていたためオーディション活動と平行して猛勉強し進学校に進学したそうで、相当な努力家です。

オーディションに落ち続けたら早稲田大学の演劇研究会に入ると決めていたそうです。

 

2005年、中学在学中に、ミュージカル好きな両親の影響で参加したホリプロ創業45年記念として主催された『山口百恵トリビュートミュージカル プレイバック part2 〜屋上の天使』の出演者オーディションで9621人の応募者から見事主演の座を獲得し、ついに女優デビューを果たしたのでした。

 

その後は2007年から2012年まで6年間にわたってミュージカル『ピーターパン』で8代目ピーターパン役を務めています。

その後も舞台で主役を演じることも多く、舞台女優として実力をつけてきたようです。

歌唱力の高さにも頷けます。

そして徐々に活躍の場がテレビドラマや映画にも広がっていきました。

『ごちそうさん』で全国的に知名度が上がる

女優活動をしながら2010年に法政大学に進学した高畑充希さん。

朝ドラ『ごちそうさん』でヒロインの義理の妹役に抜擢されます。

そのころ高畑さんが出演していたミュージカル『スウィーニー・トッド〜フリート街の悪魔の理髪師〜 』を観た脚本家の森下佳子さんは、その歌声に惚れ込み、当て書きで歌唱シーンを追加したというエピソードがあります。

『当て書き』とは演者をあらかじめ決めてから本を書くことですが、つまり、高畑さんが演じるところを想像しながら高畑さんの声に合わせた脚本を追加したのです。

そこまで、森下さんを魅了した高畑充希さんの歌声は、最近は『かんぽ生命』のミュージカル風CMで聴くことが出来ます。


女優である一方で2007年にはデモテープの彼女の歌声に惚れ込んだコブクロの小渕健太郎さんがプロデュースをすることを名乗り出ました。

そして2007年6月に小渕さんプロデュースによるシングル「大切なもの」でワーナーミュージック・ジャパンよりアーティスト名「みつき」として歌手デビューしました。

『歌える女優』として今後さらに活躍の場は広がるのでしょうか。

オープニングは宇多田ヒカルさん『花束を君に』

今回のオープニングソング『花束を君に』で活動を本格的に再開された宇多田ヒカルさん。

ドラマのために書き下ろされたそうです。

キャスト

天才編集者・花山伊佐治 唐沢寿明

編集者 及川光博

父・竹蔵   西島秀俊

母・君子   木村多江

小橋家の次女・鞠子  相楽樹

三女・美子  杉咲花

叔父の鉄郎  向井理

常子の祖母 青柳滝子  大地真央

青柳商店の番頭・隈井栄太郎 片岡鶴太郎

青柳商店の跡取り養子・清 大野拓朗

森田屋の大女将森田まつ 秋野暢子

森田屋の主人兼板前・宗吉 ピエール瀧

宗吉の妻・照代 平岩紙

宗吉と照代の娘・富江 川栄李奈

常子を支える青年・星野武蔵 坂口健太郎

常子の親友・中田綾 阿部純子

常子の恩師役 片桐はいり

ナレーション 檀ふみ

(敬称略)

2061891_201511060664779001446796116c

(C)ORICON NewS inc

スポンサードリンク

-テレビ・芸能・本 ・トレンド
-,

Copyright© トレンドの箱 , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.